本文へ移動

ブログ

めずらしく
2016-06-02
本日午前10時より献茶祭を斎行致しました。
 
 
安政6年6月2日、横浜からわが国の茶がはじめて米国に向け輸出、第一船が
出荷出発した日が全国的に茶業記念日とされています。
昭和7年6月2日に宮崎市内の茶業者の会が神前で第1回の「献茶の儀式」を
行ってより現在に至ります。
 
 
宮崎市茶商組合の方々をはじめ、関係各位にご参列いただきました。
香り豊かな新茶を、先ず神前に供え、神のご加護と自然の恵みに感謝して、
質の良い宮崎茶の豊作を祈願し、81回目の祭典を滞りなく終えることができました。
 
献茶祭の日と言えば、非常に雨が多いのが特徴でしたが、本年は珍しく快晴。
あまりの雨の多さに、
「雨が降らんと茶は育たんちゃが!」
との、お声をお聞きしたこともありますが、
今年ばかりは、
「太陽の恵みがないと茶は育たんちゃが!」
との、お声が聞こえてきそうですね・・・
 
宮崎県のお茶の生産量は全国第4位とのこと。
 
天地の恵を受けまして、益々発展されますことを心からご祈念申し上げます。
宮崎神宮
〒880-0053
宮崎県宮崎市神宮2丁目4-1
TEL.0985-27-4004
FAX.0985-27-4030
1.ご祈願 出張祭典 結婚式 大祓 銅板ご奉納 お神札
 
TOPへ戻る