本文へ移動

ブログ

萬歳
2019-10-22
天皇陛下におかせられては、本日即位を天照大御神にご奉告され、高御座に登られ即位を宣明されましたこと、謹んでご奉祝申し上げますとともに、大御代の弥栄をご祈念申し上げます。

この日に併せて当宮では、午前10時より「即位礼当日神社に於て行ふ祭祀」を斎行致しました。
御陰をもちまして、約100名のご参列をいただき、滞りなく厳粛裡に斎行致すことができました。
 
即位礼正殿の儀でのお言葉を胸に、当宮と致しましても世界の平和と我が国の発展に寄与すべく、祭祀の厳修はもとより様々なことに努めて参る所存ですので、引き続き皆様方のご理解とご協力を切にお願ひ申し上げます。
 
いよいよ来月には、「大嘗祭」(だいじょうさい)が執り行はれます。(11月14日~15日)
毎年秋、天皇陛下は、その年の新穀を、ご祖先である天照大御神をはじめ、神々にお供えし感謝を捧げる「新嘗祭」を宮中でご斎行になります。なかでも、陛下がご即位後初めて行はれる新嘗祭が「大嘗祭」です。大嘗祭は、天皇御一代に一度行はれる祭祀で、御位につかれるうえで不可欠なものであり、数ある祭祀の中で最高の重儀とされてゐます。
 
当宮では、11月14日午前10時より「大嘗祭当日神社に於て行ふ祭祀」を斎行致します。我が国の佳節を挙ってお祝い申し上げたく存じますので、ご多忙中のこととは存じますが、ご参列いただきますやう宜しくお願ひ申し上げます。
 
大嘗祭についてはこちら
 
即位礼正殿の儀のお言葉
さきに、日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。ここに「即位礼正殿の儀」を行い、即位を内外に宣明いたします。
 
上皇陛下が30年以上にわたる在位の間、常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その心を御自身のお姿でお示しになってきたことに、改めて深く思いを致し、ここに、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。
 

国民の叡智えいちとたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。

宮崎神宮
〒880-0053
宮崎県宮崎市神宮2丁目4-1
TEL.0985-27-4004
FAX.0985-27-4030
1.ご祈願 出張祭典 結婚式 大祓 銅板ご奉納 お神札
 
TOPへ戻る