本文へ移動

宮崎神宮とは

ご祭神

かむやまといわれひこのすめらみこと
神日本磐余彦天皇(第一代・神武天皇
相殿 左 鵜鷀草葺不合尊(御父君)
   右 玉依姫命   (御母君)

ご系譜

天照大御神ー天忍穂耳尊ー彦火瓊々杵尊ー彦火火出見尊
 
 
ー鵜鷀草葺不合尊ー 神日本磐余彦天皇 ・・・今上陛下
            ||                
(第126代)
                      神武天皇

神武天皇のご偉業

神武天皇ご誕生

神武天皇は初代天皇にご即位するまでは、神日本磐余彦天皇、ご幼名を狭野命と申し上げました。天照大御神から五代目の御孫(右系図参照)にあたります。鵜鷀草葺不合尊(鵜戸神宮ご祭神)の第四皇子で、母は玉依姫命(たまよりひめ)と申します。お生まれは宮崎県西諸県郡高原町大字狭野(にしもろかたぐんたかはるちょうおおあざさの)と言われ、この地には狭野神社が鎮座しています。
写真:ご生誕の地に鎮座する狭野神社

天皇は生まれつきご聡明で武に富みご性格もしっかりした方でしたので、御年十五歳の時皇太子に即(つ)かれ、宮崎で政治(まつりごと)をお取りになりました。しかし、当時は未だ全国統一がなされた時代ではなく、皇威(こうい)が全国に輝くというわけではありませんでした。

神武ご東遷(とうせん)

そこで天皇は皇威を広めようと仰(おっしゃ)って、四十五歳の時に、都を中央に遷(うつ)すべく、宮崎をご出発になりました。
先ず宮崎から陸路北へ進まれ湯の宮でお泊り御湯を召され、次に甘漬(あまつけ)や都農(つのう)では武運長久(ぶうんちょうきゅう)のお祀(まつ)りをされ、更に北に向かい美々津の港(立磐神社)から船出されたと伝えられています。
ご東遷の作戦を練っている神武天皇と三人の兄たち (『宮崎の宮』 画・平澤定人 宮崎神宮蔵)
日本海軍発祥之地碑(美々津)立磐神社の入り口に建つモニュメント
 
皇軍の向かうところ風雲自ら静謐(せいひつ)となり、海路速吸門(はやすいなと)(豊予海峡)も無事に、菟狭(うさ)、岡水門(おかのみなと)、埃宮(えのみや)にお寄りになり、翌年三月には更に高嶋宮に到り、三年を行館(かりみや)に座して軍備を整えられました。
右写真:多家神社(広島県)-阿岐の多祁理宮。神武天皇お立ち寄りの地。埃宮、多祁理宮とも云われる。
高島神社(岡山県)-吉備の高嶋宮。宮浦の無人島に鎮座する。
「高島宮顕彰碑」も境内に建っている。
 
それから浪速(なにわ)の河内国草香邑(かわちのくにくさかのむら)に上陸されたのですが、生駒山(いこまやま)の要害(ようがい)に拠る賊酋長髄彦(ぞくしゅうながすねひこ)は天皇の軍を遮りなかなか降伏しなかったことから、遂に道を改め、海路紀伊国へ熊野路から攻め入られたのです。
此の間、皇兄五瀬命(いつせのみこと)は戦傷の結果遂に薨去(こうきょ)され、また熊野灘では海上暴風の為めに皇兄三毛入野命(みけいりぬのみこと)と稲飯命(いなひのみこと)のご遭難を始め幾多の将兵を失われるなど、苦戦艱難(かんなん)をなめさせられました。

苦難を経て大我へ

熊野に上陸すると天皇は、険しい山々を踏破され、高倉下(たかくらじ)や八咫烏(やたがらす)の忠勤によって遂に大和を平定遊ばされたのです。丁度日向をご出発になられて七年目の正月朔日(ついたち)、畝傍(うねび)の橿原(かしはら)に宮殿を建てられ「八紘(あめのした)を掩(おお)いて宇(いえ)と為(な)さむ」とおっしゃって、 第一代の天皇にご即位(そくい)遊ばされました。 ここに我が国の建国はめでたく成就されたのです。
そして即位後四年(BC六五七)には 畤(まつりのにわ)を鳥見(とみ)の山中(やまのなか)に立てられ、皇祖天神(みおやのあまつかみ)を祀られ大孝(おやにしたがうこと)を申(の)べられました。
 
鳥見山中 畤顕彰碑(とみのやまのなかのまつりのにわ)(桜井市)神武天皇ご即位後4年春2月鳥見の山中に靈畤を立て「大孝」を申べられた。
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 0985-27-4004
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
TOPへ戻る